FC2ブログ

仙台で車のメンテナンスを頼むならカーマックスが安心!紫外線対策(カーフィルム)・ポリマー(カーコーティング)・シートクリーニング等々快適なドライブをサポートします。

仙台でカーフィルム・コーティング(ポリマー)が丁寧なカーケアショップ|カーマックス仙台

2018-9-1 大雨注意

こんにちは。スタッフの本田です。

月は変って9月。

食欲の秋が訪れますね!
差し入れお待ちしています


さて
今週はちょっと余裕がありましたので代車のお手入れをしていました。
a1_2018090117395471c.jpg
代車の323i。馬車馬のように働いてもらってお手入れは放置気味だったので磨いてあげます。

ガッチリ磨くほどの時間はないのでサラッと磨き。
a2_20180901173957d9a.jpg
このレベルまで磨けば外に出してもほとんど気にならないレベルです。


なんて写真を撮っていたら外が大変なことになっていました。
a3_20180901173958231.jpg
ゲリラ豪雨。
ここ数年では体感したことのないレベルかもしれません。

雨は30分ほどで上がったのですが排水は間に合っていなかったようで
a4_20180901173959aad.jpg
近くの丁字路は冠水。

深さはこれくらい。
a5_20180901173951960.jpg
この深さだと車によっては冠水でエンジンが壊れる可能性があります。
(吸気のエアダクトから水を吸ってエンジンが壊れます)


少しでもヤバイ!っと思ったら引き返すのが良いでしょう。
a6_20180901173954283.jpg
それにしてもこの会社にいて10年経ちますが高砂でこのような状態になったのは初めて見ました。
今回は当社に被害はありませんでしたがここ数年は全国各地で局地的に災害級の大雨が降ることがありますので
日ごろから意識して生活しなくちゃならないですね。


2018-8-29 差し入れ

こんばんは。スタッフの本田です。


当社は良くお客様から差し入れやお土産をいただきます。

昨日はこちらをいただきました
KIMG3744.jpg
大量の野菜たち。

ネギだったり

山形直送のだだちゃまめ
KIMG3745.jpg

古漬けのキュウリ(要塩抜き)
KIMG3746.jpg

毎日旬のものや取れたてが食べれる幸せ!
感謝ですね!

今週もがんばります。

2018-8-26 クラウンマジェスタ コーティング

こんにちは。スタッフの本田です。

本日は雨。これから一週間は天気が崩れそうですね。
このまま秋に向かうのでしょうか?


今週はクラウンマジェスタがコーティングで入庫。
a2_2018082616333123f.jpg
この型からマジェスタはハイブリッド専用車になりましたね~
何台もコーティングをしていただいているお客様です。
今回の車両は初期状態でもかなり状態も良く他社のコーティングも施工済みだったようですが
お客様の気になるキズがあるのドアミラーなどの水垢のタレ跡が気になるということで
当社のDPROのコーティングに模様替えです。

まずは細かい部分の清掃から
a3_20180826163333f21.jpg
ボンネット裏の水垢除去。このサイズのボンネットになるとここの部分の拭き上げが甘くなりがち。
結果このようにシミになっているお車が多いです。

ボディの下側も鏡でチェックしていきます。
a4_20180826163335815.jpg

ひと通り清掃が終わったら洗車をしてネンドで塗装面の異物を除去していきます。
a5_20180826163335afd.jpg
パッと見は綺麗でしたが実際ネンドで擦ると水垢や鉄粉だらけで茶色くなっていたようです。

異物除去が終わったら拭き上げをして磨く準備に入ります。
a6_2018082616333665c.jpg
マスキングをして

塗装の厚さをチェック
a7_2018082616333826f.jpg
通常のトヨタ車を同じくらいでしょうか。
レクサスやセンチュリーは4コートなのでもう少し厚くなります。


お客様からの依頼事項である目立つ傷や深い傷の確認。
a8_20180826163340ca1.jpg
やみくもに磨いても意味がないのでしっかりと位置は把握します。
自分の認識していないキズは除去できませんからねぇ。

その後はいつも通りの流れで磨き→洗車→乾燥→コーティング塗布の流れ。
今回は最近よく出るType-REを施工いたしました。

a91_20180826163342d62.jpg
Type-BPevoも良い物なのですがType-REのほうが撥水の持ちが良いです。
これは当社で長い間テストして上での確認しております。
現在はコスパ重視・屋根つき駐車場等のダメージの少ないお車にはType-BPevo
少しでも良い物・外保管のお客様にはType-REをお勧めしています。


一週間お預かりしましたので最終チェックに診断機でのエラー確認。
a9_2018082616334187c.jpg
バッテリー電圧が少し下がるだけでエラーを拾ったりしますし元々あったエラーも消して一石二鳥です。


外装もコンピューターも綺麗にして気持ちよくお出かけしましょう。

2018-8-26 透明断熱フィルム施工車両のディーラーの対応について

おはようございます。スタッフの本田です。


早速本題。
春ごろにコーティングとフィルム施工で入庫したLC500が一回目の無料メンテナンスで入庫いただきました。
DSC_0452.jpg
こちらの車両です。

ちょこっとしたキズがあったこと以外は状態は良好でコーティングは問題なし!よかったよかった!


とは今回はいきませんでした。
実はお客様がディーラーの一カ月点検で入庫の際に
運転席と助手席のガラスにフィルム施工を理由に次回からの入庫を拒否されたのです。
お客様からのは透過率の測定結果が車検の基準である70%を切っているとディーラーから伝えられたようです。

ええ・・・(汗
当社では基本的に施工前と施工後で透過率のチェックをしているのですが・・・?
施工後はしばらくすると糊が安定して透過率が若干増える場合はあるようですが下がるとは聞いたことはありません。

どちらにしても当社でも現車を確認しなくてはわかりませんのでメンテナンスのタイミングで確認させていただきました。
測定結果はこちら。
DSC_0448.jpg
↑運転席 73%
↓助手席 72%
DSC_0447.jpg

問題のある数字ではありません。
こうなってくると原因はふたつに絞られてきます。
①そもそも測定していない。貼っている時点で入庫拒否
(実際に車検等は関係なく「社内規定」でそのようなディーラーさんや店舗があると聞いています)
②どこかの測定器の測定結果がずれている
この2パターン。

②の場合は実際測定器ががずれている場合もあるようである調査では車検場の測定器も
都道府県で±3%ほどのずれがあったと伝えられています。
とはいえここまで大幅なずれは普通考えられませんし多少測定結果がずれても下回るような透過率ではありません。

①のパターンは「あるある」です。メーカーや店舗によって扱いは違うのですが
車検基準はOKなんだけど社内規定ではっている車両は入庫はお断り。とか
そもそも車検基準の認識不足だった例もあります。
また一部ディーラーさんだと入庫前に毎回測定結果を提示してもらえれば入庫可能っと言う場所もあります。
(そこまで言うならディーラーで測定器を持ってほしいのですが・・・)

実際当社のお客様でもレクサスにお乗りのお客様はたくさんいますし実際に透明断熱フィルムも施工しています。
ただしレクサスのディーラーで拒否をいただいたのは今回が初めてです。なぜでしょうか。

事実として当社での測定結果は「車検基準に問題なし」なので
測定中の写真と結果と写真に残してお客様にお渡ししました。
これでも入庫が難しいようであれば当社からも働き掛ける必要がります。

今後当社では施工時の透過率は写真データを残して保管また印刷してお客様にお渡します。
フィルムでお困りの際はお気軽にご連絡ください。
DSC_0449.jpg

2018-8-24 リニューアルしました

こんばんは。スタッフの本田です。

今週も残暑が続いております。
土曜日は36度まで上がる予報が出ています。
ここを過ぎると一気に秋に向かっていきそうです。




さて。
タイトルにあります通りリニューアルをしました。





















こちら
KIMG3658.jpg
看板。色褪せもありましたので交換することとなりました。
お盆前に交換していたのですが気が付いたお客様はいませんでした・・・(汗

若干ロゴも変わってます。
以前は「total car care」でしたが「total car service」となりました。
もちろんカーコーティングなどのカーディテイルもしていますが
今のカーマックスはお客様のカーライフをトータルで多岐にわたってサポートさせていただいていますので
前から変更させていただいていたのですが看板変更のタイミングでロゴも変更させていただきました。

来店しましたら是非ご覧ください。




そしてお盆明けの作業の状況ですが
お盆前まで作業がつまっておりましたが現在は来週以降は作業に余裕がございます。
特に9月以降はお客様の希望の日程を取りやすいかと思いますので
お盆の長距離移動で汚れたお車をこの機会に綺麗にしてはいかがでしょうか?

なお現在メンテナンスに入庫していただいたお客様にはこちらのサービスを実施中です。


診断機による車両診断
DSC_0459.jpg

通常ディーラーさんなどであれば繋いでみるだけで安くても3000円ほど工賃が取られるはずです。
メーターにチェックランプが点灯していなくてもコンピューターには思っている以上にエラーコードが残ってます。
問題がない場合もありますし、今は大丈夫でも近い将来微妙な物。もちろん気が付かない故障もで見つかります。


大抵の車種は診断可能です。
当社で入庫率の多いヨーロッパ系は下記のメーカーが対応しています。
DSC_0455.jpg

DSC_0457_2018082320193775a.jpg
超レアなメーカーやビルダーや販売台数の少ないスーパーカーメーカー以外は対応可能です。

アジア系・・・っと言うよりもここは国産車。
DSC_0458.jpg

最後に当社には少ないアメ車も
DSC_0456.jpg
ここまで診断できれば十分。
もちろん各メーカーの専用診断機には劣る部分もありますが
汎用機としては驚異的なハイスペックです。
もちろん診断だけではなくメンテナンス時期のリセットや設定、やろうと思えばECUの書き換え(コーディング)も可能です。

診断機自体も4G回線でネットにつながっているので常に最新のソフトで診断可能です。
車種や年式によって診断できない場合、また診断に時間がかかる車種もありますが大抵はスキャン可能です。

いつも通りメンテナンスの予約をしていただければ
特にお伝えいただかなくても診断して結果を説明しますのでお気軽にご予約ください~。
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
以前の記事
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

カーマックス

Author:カーマックス
有限会社カーマックス(CARMAX)ブログへようこそ!

QRコード
QRコード