仙台で車のメンテナンスを頼むならカーマックスが安心!紫外線対策(カーフィルム)・ポリマー(カーコーティング)・シートクリーニング等々快適なドライブをサポートします。

仙台でカーフィルム・コーティング(ポリマー)が丁寧なカーケアショップ|カーマックス仙台

2017-2-22 透明断熱フィルムの劣化と雨染みと透過率の関係について

こんにちは。スタッフの本田です。
本日は2回目の更新。
内容が薄いようで為になる濃い内容をお送りします。

今回の内容は透明断熱フィルムの透過率について。

ご相談でご入庫いただいたのはBMWのX3。
H20年にフロント3面に透明断熱フィルムを施工させていただきました。
皆様がご存知の通り車検の際にフロント3面のガラスは透過率が70%以上が必要です。
当社では施工前と施工後に透過率を測定し確認の上お客様に納車しています。

なお今回のX3は貼った3年後の再来店いただいて測定した時の運転席助手席の透過率は70%。
結構ギリギリ。
いままで何とか車検を通っていましたが今回の車検はディーラー様で「通りませんと」
と言われてしまったためご相談いただきました。

実際に測ると
g1_20170222123319f0c.jpg
確かに70%を下回っています。
一般的な考え方ではフィルムの劣化で張替が必要だと思われる状況です。

が、実はもう一つ原因となる可能性があるものがあります。
それが
a4_201610130847161ae.jpg
(↑違う車両の写真となります)
ガラスの汚れ(水垢・ウロコ)など。
多少の汚れなら影響ありませんが長年蓄積された汚れは
ガラスをしっかりと覆って透過率を低下させる原因となります。

前回の測定値が70%なので磨いても絶対に70%まで回復するとは断言できませんが
やってみる価値はありますので磨いてみました。


そして結果がこちら
g2_201702221233181a6.jpg
無事透過率が回復。

結論としては「フィルムも劣化はするけどそれ以上にガラスの状態が影響する」っと言うことですね。
すべての車両がそうだとはいませんけどね。
気になる方はご来店いただければ測定・診断しますのでお気軽にご来店ください。
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
以前の記事
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

カーマックス

Author:カーマックス
有限会社カーマックス(CARMAX)ブログへようこそ!

QRコード
QRコード