仙台で車のメンテナンスを頼むならカーマックスが安心!紫外線対策(カーフィルム)・ポリマー(カーコーティング)・シートクリーニング等々快適なドライブをサポートします。

仙台でカーフィルム・コーティング(ポリマー)が丁寧なカーケアショップ|カーマックス仙台

2017-2-28 ガラスの飛び石修理。

おはようございます。スタッフの本田です。
本日は2月の最終日。明日から3月。春ですねぇ・・・。

当社でタイヤのお預かりしている方は早めに交換のご予約をお願いいたします。
3月中旬ごろだとご希望の日程をとることができないかもしれません。



さて、本日のブログネタはガラスの飛び石修理について。
ご相談で来店されましたがそのまま修理の運びとなりました。
q1_20170228090320712.jpg
夏タイヤに比べるとスタッドレスタイヤは溝が太目なので小石が挟まりやすく
この時期は雪も少なく車速が早くなりがちなので挟まった小石がミサイルのように飛んできます。


今回の損傷個所は気がついてすぐにテープを貼っていただいたので具合は良好。
傷口をそのままにしているとキズの中にゴミがつまって綺麗に治らなくなる場合があります。
q2_20170228090321a7f.jpg
本来であればこの箇所は修理不可能な位置です。
(ガラスの黒い部分から10cm以内は応力がかかりやすく修理中も修理後もヒビ延長する可能性が高いのです)
今回はその点をご説明させていただいた上で修理させていただきました。

修理中。
q3_20170228090323d3c.jpg

完成。
q4_20170228090324bd3.jpg
パッと見綺麗に治っていますがよーく確認するとキズの跡が少し残っています。
傷の具合によってどうしても残ってしまう場合があるので運転席の目の前等で気になるようであれば交換となります。
ガラス交換の費用と比べると10分の1くらいの費用で修理が可能です。
ガラスにヒビがあると車検は通りませんのでお困りの方はご相談ください。



後は写真を数枚。

q5_2017022809032657d.jpg
12月からバンパー修理でご入庫だったランエボ7が修理が仕上がりましてご納車。
修理のタイミングでバンパーの仕様を少し変更してコーティングの塗り直しです。

次はメンテナンスで入庫しましたシビックTypeR。
q6_20170228090327389.jpg
定期的にご来店いただきありがとうございます。

コーティング再施工でご入庫のヴェルファイア。
q8_201702280903195c1.jpg
Type-BPevoの施工です。


今週のコーティングは3台。
頑張ります。それでは次回~!

2017-2-24 お預かりしてホイールコートが完了しました

おはようございます。スタッフの本田です。

早速ですがホイールコーティングでお預かりしているホイールをまとめて作業しました。
a1_201702240847448d3.jpg
今回を預かりしているホイール達は状態が良く大掛かりな清掃作業が必要ありませんでした。
状態が良いうちにコーティングをしておくことで今後の手入れもとても楽になるので
新車・新品のうちに施工することがお勧めです。

こちらはE43AMGの純正ホイール。
a2_20170224084740a3e.jpg
新車から1ヶ月程使用した状態ですがかなり状態は良好。

次はA4純正ホイール。
a3_20170224084741d0c.jpg
このホイールは1シーズン使用した状態ですがホイールの塗装が良いのか思った以上に良好。

最後にレクサスRXに履かせるレイズのHOMURA。
a4_20170224084743715.jpg
一応中古っと言うことですが走行距離がかなり少な目。ほぼ新品と言ってもいいような状態でした。


これからタイヤ交換の時期が始まります。
ホイールのお手入れにはちょうど良い時期です。
お手入れにご不明な点があればアドバイス等もおこないますのでお気軽にご相談ください。

また当社で使っているホイールコート剤は一般のお客様にも販売していますので
こちらも気になる方はご連絡ください。

それでは次回~。

2017-2-23 アウディA4 DPRO Type-BPevo施工

こんにちは。スタッフの本田です。

本日は小雨。
このまま雪が降らなくなるのでしょうか・・・(汗


本日の紹介車両はこちら
s1_20170223123934865.jpg
アウディA4.。
年末に修理でご入庫していたただお車です。
修理完了からしばらく時間が経ち塗装が落ち着きましたのでコーティングのため再入庫です。

塗装の状態は・・・
s2_20170223123936e31.jpg
思わしい状態ではありません。

納車の際にお客様に洗車の方法を確認してみましたが
原因は洗車時間が長いことにありそうです。
拭き上げをする前に乾いてしまうことがあるということでしたので原因はそれでしょう。

クレーター状のシミだらけ状態ではありますがしっかりと磨けば問題なく除去可能です。
s3_20170223123937b1a.jpg
↑粗磨きした状態。

ルーフも同じ状態。
s4_201702231239399df.jpg
↑磨き前
↓磨き後
s5_20170223123940598.jpg

もちろんトランクも同じ状態。
s6_201702231239427f0.jpg
↑磨き前
↓磨き後
s7_20170223123943794.jpg
トランクは凹みのある形状になっており水が溜りやすくほかのパネルよりも状態が悪かったです。

仕上げ磨き後がこちら。
s8_201702231239452fd.jpg
クレーター酷かったので、その分ガッチリ磨きこんでますのでツヤッツやです。

s9_20170223123946255.jpg


最後に脱脂洗車→コーティングを塗って完成。
s91_20170223123948217.jpg

s93_20170223123933e95.jpg
コーティングを施工したことで洗車が楽になるはずです。
その分洗車時間も短く済み結果シミになることを防げます。

当社でコーティングをされている方であればご希望があれば洗車のレクチャーも致しますので是非ご連絡ください。

2017-2-22 透明断熱フィルムの劣化と雨染みと透過率の関係について

こんにちは。スタッフの本田です。
本日は2回目の更新。
内容が薄いようで為になる濃い内容をお送りします。

今回の内容は透明断熱フィルムの透過率について。

ご相談でご入庫いただいたのはBMWのX3。
H20年にフロント3面に透明断熱フィルムを施工させていただきました。
皆様がご存知の通り車検の際にフロント3面のガラスは透過率が70%以上が必要です。
当社では施工前と施工後に透過率を測定し確認の上お客様に納車しています。

なお今回のX3は貼った3年後の再来店いただいて測定した時の運転席助手席の透過率は70%。
結構ギリギリ。
いままで何とか車検を通っていましたが今回の車検はディーラー様で「通りませんと」
と言われてしまったためご相談いただきました。

実際に測ると
g1_20170222123319f0c.jpg
確かに70%を下回っています。
一般的な考え方ではフィルムの劣化で張替が必要だと思われる状況です。

が、実はもう一つ原因となる可能性があるものがあります。
それが
a4_201610130847161ae.jpg
(↑違う車両の写真となります)
ガラスの汚れ(水垢・ウロコ)など。
多少の汚れなら影響ありませんが長年蓄積された汚れは
ガラスをしっかりと覆って透過率を低下させる原因となります。

前回の測定値が70%なので磨いても絶対に70%まで回復するとは断言できませんが
やってみる価値はありますので磨いてみました。


そして結果がこちら
g2_201702221233181a6.jpg
無事透過率が回復。

結論としては「フィルムも劣化はするけどそれ以上にガラスの状態が影響する」っと言うことですね。
すべての車両がそうだとはいませんけどね。
気になる方はご来店いただければ測定・診断しますのでお気軽にご来店ください。

2017-2-22 ユピテル全天球ドライブレコーダー「Q-01」取付しました・・・が。

こんにちは。スタッフの本田です。

怒涛の一週間だった先週。今週は少し余裕がありそうです。
今週は溜まっているホイールコートをすべて仕上げる予定です。
終わり次第お客様には順次ご連絡させていただきますのでしばらくお待ちください。


では本日の取り上げる車はこちら。
a1_2017022108564025f.jpg

a2_20170221085641635.jpg
現行モデルのTTSクーペ。
デザインは先代モデル比較され賛否両論ありますが内装や装備の進化はすごいです。

今回はこちらの取付にご入庫いただきました。
KIMG3537.jpg
「ユピテル 全天球ドライブレコーダー Q-01」
取付は当社で1台目。
県内でもユーザー車両での取付は何台もないと思います。
idx_mainv[1]
idx_sp_img_02[1]
こんなドライブレコーダーです。
本体にはモニターがありませんので(っと言うか専用アプリがないと見れませんので・・・)すっきりした構成のモデルです。

今回は駐車中録画のオプションを取り付けるにあたって専用モバイルバッテリーのOP-MB400も取付です。
KIMG3538.jpg
専用バッテリーを使用することで車両のバッテリーの負担を軽減するとが可能です。
一部の車種では(特にドイツ系の輸入車ですが)駐車中もコンピューターが細かくバッテリーの管理をしている
車種もあります(エンジンをかけるたびに電圧低下のアラームが表示されたりします)ので
できる限りMB4000のを使用をお勧めします。

専用バッテリーの推奨取付位置は運転席や助手席の下スペースとなります。

・・・が、
今回のTTSクーペはシート下にスペースがないためトランクルームに設置しました。
a3_20170222122229280.jpg


しかしここで再び問題。
トランクルームにバッテリーを設置するとドラレコとバッテリーの通信ケーブルの長さが足りなくなるんですね。
これは予想外です。
一応延長ケーブルの設定がないか確認しましたが無いようですので自分で延長加工することに。

問題を解決すればその他の取付はほかのモデルと変わりませんのでせっせと取付をして完成。
a6_20170221085646010.jpg
取付後はこんな感じ。
720°撮影するならカメラはこの位置がベストでしょう。

運転席から正面を見るとこのような感じに。
a4_201702210856447e3.jpg
これくらいなら違和感なく運転できるのではないでしょうか。


そして最後にパソコンで専用アプリを使って本体設定をして使用可能になります。
q003.png
(本体にはディスプレイ等がないので単体での設定ができません)


こんな感じで映ります
Q001.png
↑上から全体を。
↓後方
q002.png

720°映る画面をいじくり倒すのはこれはハマりますよ~。
ハマるのですが・・・

包み隠さずいってしまえば思っていた以上に画質が荒目です。
スペック的には200万画素のCMOSセンサーに解像度も200万画素なのでドラレコとしては十分な性能なのですが。
そのほか画質はレンズや画像処理エンジンなどいろいろな要因があって決まりますので単純な比較はできないのですが
2つの超広角カメラを使用して動画を平面加工する過程で荒くなってしまうようです。

それでも商品としての魅力は高いものがありますので
気になっている方は是非ご来店の上お話を聞いてみてください。

それでは次回~。
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
以前の記事
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

カーマックス

Author:カーマックス
有限会社カーマックス(CARMAX)ブログへようこそ!

QRコード
QRコード